里芋の冷凍方法!知らなちゃ損する冷凍保存と下処理方法!

スーパーマーケットに足を運ぶと、

里芋冷凍されたものが販売していますが、

自分自身でも冷凍保存ができるなら、

里芋が売り出しの際にたくさん購入してもひと安心ですよね。

何はともあれ鮮度が高いうちに保存しておくことで、

一年を通して美味しい里芋を調理できます。

そこで今回は、里芋の冷凍方法下処理方法について調べてみました。

スポンサーリンク

里芋の冷凍方法!

里芋を料理をする場合、毎回 面倒臭い皮むきをするのはつらいですよね。

従いまして冷凍する際は、できるだけ大量の里芋をまとめて冷凍すると便利です。

まず、冷凍する前に、1つずつ皮をむき、ボイルするのですが、

あとから作る献立次第で、少々固めに茹でるか

あるいは、串がちゃんと刺さるまで茹でるかで違ってきます。

煮物料理といった、火を通す一品だとしたら、

固めに茹でた物でも問題ありませんが、サラダであったり、

押し潰して調理するなら、中まで火を通した方が望ましいと思います。

かと言って、冷凍された里芋を使っての調理時間は短くしたいとか、

のちに、また長時間ゆがくのは面倒臭いって感じるのなら、

最初から中も火を通しておあったほうが、使うときにははるかに簡単なので、

そちらをおすすめいたします。

ボイルし終えたら、水ですばやく洗い流して荒熱をなくし、

ジップロックなどのたフリーザーバッグに入れて冷凍しておきます。

ただし、水分が付いた状態で冷凍してしまうと、

くっ付いてしまって、使用するときに手間が掛かるので、

できることなら、キッチンペーパー等々で水気を拭き取ってから、

冷凍する方がおすすめです。

冷凍した里芋を使って、凍った状態で調理を行っても構いませんし、

レンジでチンするか、あるいは煮てご賞味いただいても構いません。

里芋の冷凍保存は生の状態でも出来るの?

里芋を冷凍保存するとなれば、茹でてからでなければ、

冷凍は不可能だと思う人もいらっしゃると思われますが、

本当のところは、生の状態でも冷凍保存が可能になのです!

スーパーなどにて販売されている冷凍の里芋でさえ、

皮をむいたままで冷凍されてるものが見られます。

ていうか、里芋についてある泥とか土をきれいにして、

皮がある状態で冷凍することも可能です。

しかも、この方法を行うことにより、皮がむきが簡単になりますので、

なんといっても皮を剥く際に手がかゆくなるのが嫌だったり、

皮むきに時間を費やしたくない方は、この方法がおすすめです。

それと、皮さえ剥いてありますと、凍った状況でで煮物とか汁物なんかに使えると思いますし、

冷凍し、解凍することによって、里芋の細胞が壊されて、

中心まで火が通る時間も速くなりますので、時短になります。

因みに、冷凍された生の状態の里芋は、よく中心まで火が通って無かったりする可能性があるので、

不安がある人は、このような下処理の方法を行ってから料理すると良いと思います。

スポンサーリンク

里芋の下処理方法!

里芋の下処理方法ということになりますと、

皮むき、あく抜き、ぬめり取りがつきものです。

しかし、たくさんの数量を冷凍したいと思うと、下処理も大変になりますよね。

したがって、楽に出来る方法を幾つか教えします。

まずは皮むきなのですが、里芋特有なぬめりで手が滑り、皮がむきづらいという方には、里芋を念入りに洗ってから、新聞の上に広げ、半日くらい天日干しを行って乾燥させておけば、皮がむきがし易くなります。

何故ならば、里芋がぬれていますと、ぬめりを持っているので、どうしても皮がむき難くなってしまうためです。したがってできる限り、念入りに乾燥させてから皮をむいた方が、むき易くなっていくのです。

これとは別に、皮を素早くむく方法として、泥を洗い流した里芋を、皮つきの状態で鍋に投入し、そこの所に里芋が被る程の水と、酢あるいは塩を入れます。

そして、10分程煮沸して、水に入れて冷ませば、その状態で手でツルンとむけるのです。さらに、鍋に入れる以前の里芋に、包丁で中央に、ぐるっと深めに切り込みを入れ込んでおいてもむき易くなります。

その後は、レンジで調理する方法なのですが、およそ200gの里芋を皮付きの状態で、600w4分ほど加熱します。

※大きさや分量によって異なってきますので、調整が不可欠ですそれを冷ましてから、皮を剥いても構いませんし、よく冷まし水分を取り除いてから、フリーザーバッグにしまって冷凍してしまってもOKです。

使用するときは、ラップにくるんでレンジで1、2分温めてから、皮をむきとって使えば良いので簡単ですよ。

その次は、あく抜き・ぬめり取りです。

里芋のぬめりは、栄養素からすればあれば嬉しいところだけれど、このぬめりにおいては、えぐみの成分も加わっているお陰で、

ぬめりが苦手な人や、より一層美味しい煮物などを作りたい人は、こういった下処理していただいてから、冷凍保存しておくといいと思います。

さて、そのやり方なのですが、

まずは生の状態で冷凍しておくケースだと、皮をむいた里芋に塩を少し振り芋どうしを擦りつけて、水で洗い流すことにより、ぬめりが除去できます。

お次に、茹でてから冷凍しておく場合なのですが、生の状態で冷凍しておくパターンと一緒で、皮をむきましたら、塩でぬめりを取り除きます。

更に洗った里芋を鍋に加えて、被るくらいの水を注ぎます。
そこの所に、少量の酢あるいは塩を入れて、10分くらいボイルします。そうしたら、水にさらし、冷ましてから、水気を取り除いて、冷凍保存しておきます。

ついでに、皮つきの状態で茹でるケースや、レンジで熱を加えてから皮をむくケースは、あく抜きがしっかりとできないことから、ハイクラスな煮物料理などを作りたい場合は、やらない方が望ましいと感じます。

里芋の冷凍方法のまとめ

里芋のぬめりを好む方や苦手な方、手がかゆくなるのが不快で遠ざかっていた方など、

様々ある方がいらっしゃいますが、その方に適した下処理方法がいくつかありますので、

お好みの方法を選択して、里芋を新鮮なままで、長期間保存してくださいね。

スポンサーリンク