桐谷さんの年収は?優待生活を始めた理由に仰天する!

「月曜から夜ふかし」でいきなり注目されるようになった桐谷さん

幾つもの株主となっている桐谷さんの年収はどれくらいなんでしょうか?

あと、前職を辞職して投資家となった原因が驚くほどのインパクトある話なのです。

今回は、桐谷さんの年収と波乱万丈の人生について紹介します。

スポンサーリンク

桐谷さんの年収は?

「月曜から夜ふかし」でいきなり注目されるようになった桐谷さん。

当然ですが有名になったから儲かったのではなく、

株を買って売り切るトレーダーをやっていたのです。

その増やした資産がビックリの最高3億円だそうです!

その後は株主優待のみを利用し、生活を送るスタイルに切り換えていったのです。

収入についは3年前位ですが、桐谷さんが資産や収入ついて発言していました。

買いあげた株の配当や優待をトータルすると利回り6%以上だとのことです。

すなわち桐谷さんの年収は以下の通りになります。

株に伴う最高資産3億円×利回り6%以上年収1800万円くらいです。

すごく簡略な計算ですが、年収が1800万円以上であったと予想されます。

ただ、利回りが配当+株主優待特典は6%以上のため、

現金での配当のみを見るっていうのは不可能です。

間違いないのは年収1800万円以上の稼ぎがあったということですね。

月収でいうと12等分で150万円以上です。

よほどの収入があったのでしょう。

桐谷さん投資年表

1984年 株式投資を30万円からはじまり
1986年 投資信託などで5、6000万円は投資
1989年12月 日経平均は史上最高値に、資産も2億円に
1990年9月 信用銘柄を全部決済、ところがその日を底に数日後から反発

2000年前半 1億円台で推移
2005年後半 小泉相場で自己記録の3億円に
2007年 棋士を引退
2009年 前年のリーマンショックで資産を減少させ5000万円を下回る
2013年 12年後半からのアベノミクス相場で再び大台の約1億4000万円に

引用元:YUCASEE media

年表に3億から1度5千万まで減らし、その頃は落胆していますが、

当時の生活の支えになっていたのが、株主優待で送られて来るお米券や缶詰といった食料や生活用品で、

その優れた点を察知し、株主優待生活に切り替えたんだそうです。

2013年あたりから、およそ3千万円くらいの資金を優待株に投資します。

配当と優待で年間2百万円くらいを手にできるので、老後の年金代わりになるという。

初めから家賃の13万円で光熱費3万円、毎月実家に戻る交通費2万円、

合計18万円の固定出費だけが現金で支払れ、

それ以外は優待券での生活と質素倹約の人のため生活費は十分なのでしょう^^;

スポンサーリンク

桐谷さんのプロフィール

  • 本名 … 桐谷広人(きりたにひろと)
  • 誕生日 … 1949年10月15日
  • 職業 … 元棋士・現投資家
  • 出身地 … 広島県竹原市出身

2012年頃から、日テレ系のバラエティ番組「月曜から夜ふかし」株主優待券生活を特集される。

個性の強いキャラで、60代とは思えない自転車の立ち漕ぎなどが話題になっています。

2007年プロ棋士7段で現役引退する。

未婚で有名です。

スポンサーリンク

優待生活を始めた理由に仰天する!

桐谷さんが棋士を止め、トレーダーとなる決め手となる驚くべき理由が2つあったそうです。

長い間尽くした将棋の師匠に婚約者を寝取られる

桐谷さんは以前、週刊誌でこういった告白をしていたんです。

「こんな男がいま、将棋連盟会長として名人戦の移籍騒動を起こしています。

米長氏の脳裏にあるのは、将棋連盟が弱体化しようが、

いかにして独裁体制を敷くかということだけなのです」と

将棋連盟会長(当時)の米長邦雄氏(故人)を徹底批判。

引用元:週刊現代

桐谷さんは本来プロの棋士でした。

その当時に起きた「名人戦の主催をどこにするか」に関するもめ事です。

これまでの毎日新聞じゃなく朝日新聞に決める事で揉めたトラブルだったのですが、

このもめ事のさなかに桐谷さんが驚くべくコメントをしたのです。

「米長邦雄は私の婚約者を寝取った最低の男」と発言。

「あれはたしか87年頃のこと。当時、私は米長氏の愛人たちとの連絡役をやらされていました。

私が師匠の米長氏に『故郷の広島に婚約者ができました』と報告すると、『一度会わせろ』と言う。

ところが彼女に一目惚れした米長氏は、その後足繁く広島に通って彼女に婚約を破棄させ、

代わりに自分の愛人にしてしまったのです。」

引用元:Business Journal

とんでもない師匠ですね。

当の米長氏は故人なのですが、生前は結婚していたというのに数人の女性と交際関係がありました。

それらのお世話や面会の手配を桐谷さんが行っていたんだとか…。

米長氏のお陰で結婚が難しくなり、失恋によって失意のどん底にあった桐谷さんが、

将棋界を立ち去る決断をするでき事がおこります。

元女流棋士の林葉直子さんの連盟からの除名処分

1994年にいきなり女流棋士が疾走といった事件がありました。

その際、消息不明になっていたのが美人女流棋士の林葉直子さんです。

林葉さんは不倫騒動やヌード写真を発表したりと多くのスキャンダルがある人だったのですが、

そういったもめ事から心身いずれもヘトヘトになっていたため、

棋士の所属する会に退会届を出し、一時休業をしていたんです。

理事会はさしあたって1年間の休養で事を終わらせていたそうですが、

ここへ米長氏が理事会に乗り込み、林葉さんが「実の父親と不適切な関係にあった」といった

根拠のない事を吹き込み始めて、情況がおかしくなったとのことです。

米長氏は、好意を抱いた女流棋士に関係を迫り、断られると悪質なうわさを流し、

活動しづらくしたりとロクな事をしない人だったそうです。

林葉さんから休業の引き金になるでき事について相談を受けてあげていた桐谷さんは、

これにカッとなり、米長氏から決別し、棋士を退職する事を決断したのです。

スポンサーリンク

まとめ

このようなショッキングな経験があるようなタイプの人にはとっても見えませんが、

株式投資や株主優待といった印象が大きかったのですが、元々は棋士であったり、

婚約者が師匠さんに寝取られたりと、波乱万丈な人生だったんですね!

これからの活動も期待したいですね^^;

コメント