ゴーヤの人気検索1位レシピ!栄養成分や効果は?

ゴーヤ6~8月が最もおいしい夏野菜です。

この時期になると、スーパーなどで見かけるようになると思いますが、苦みが嫌で食べない人もいると思います。

でも、それだけで食べないのは、もったいない程、体にいい野菜と言う事が調べて分かりました。

今回は、そのゴーヤの栄養成分効果とクックパッドで人気検索1位になったゴーヤのレシピを紹介します。

スポンサーリンク

ゴーヤの栄養成分は?

ゴーヤの料理によく使われる果皮には、様々な栄養成分が含まれています。

ゴーヤ100gあたりの栄養成分

  • ビタミンB1=0.05mg
  • ビタミンB2=0.07mg
  • ビタミンC=76mg
  • ビタミンE=0.9mg
  • ビタミンK=41μg
  • βカロテン(ビタミンA)=160μg
  • カロテン=210μg
  • タンパク質=1.0g
  • タンパク質=1.0g
  • カリウム=260mg
  • カルシウム=14mg
  • 食物繊維=2.6g
  • 炭水化物=3.9g
  • 葉酸=72μg
  • 鉄=0.4mg

◆ ゴーヤのカロリー

  • 100g=17kcal

ゴーヤには様々なビタミンや栄養成分が豊富なのが分かりますよね^^

では具体的に、体にどんな効果効能があるのでしょうか?

ゴーヤの効果は?

ゴーヤは、食欲不振や疲労などの夏バテ症状に効果がありますので、夏にピッタリの野菜と言えます。

ゴーヤの主な効果

  • 疲労回復
  • 食欲増進
  • 消化を促進
  • 便秘の解消
  • 美肌効果
  • 糖尿病予防

それこそ夏バテに良いだけじゃなく、便秘美肌に効果がありますので、美容にもいいようです。

それでは、どんな調理の仕方が良いのでしょうか?

そのゴーヤを使って料理してみましょう。

次にクックパッドで人気検索1位になったレシピを紹介します。

スポンサーリンク

ゴーヤの人気検索1位レシピ!

ゴーヤの天ぷら

bcf95

⇒ レシピはこちら

2012年8月に、人気検索1位になったメニューです。

輪切りしたゴーヤの中身を取り、エビのすり身を詰めて天ぷらにしました ♪

ゴーヤの味噌煮

2016-07-03_204920

⇒ レシピはこちら

2015年9月に、人気検索1位になったレシピです。

基本の材料は、ゴーヤ、豚肉、味噌、砂糖の4種類ですが、茄子やキュウリを加えてもOK!

ゴーヤのカレー

c412

レシピはこちら

2016年6月に、人気検索1位になったレシピです。

9種類の野菜を使った、夏カレーメニューです。
レトルトカレー十六穀米で、簡単に出来る^^

ゴーヤについて最後に!

いかがでしたでしょうか?

ゴーヤは苦味がある意外は、いいことずくめの野菜と言う事が分かりましたよね^^

ちなみに、ゴーヤのビタミンCは熱に強く、トマトやキュウリの5倍も含んでいますので、ビタミン不足には打って付けの野菜と言えます。

ゴーヤの旬の時期は夏なので、夏バテ対策に積極的にいただくようにしましょう。

スポンサーリンク