花粉症2016!春の花粉飛散量や花粉飛散時期は?

330810

12月2日に、2016年春の花粉飛散予測の第2報を日本気象協会が発表しました。

なぜこんなに早い時期に発表できるかと言うと、夏の気象条件などに基づいて予測されるからです。
ここでの花粉とはスギ・ヒノキ花粉で北海道はシラカバになります。

今回は、なぜ花粉飛散量が増えるのか?2016年春の花粉飛散量花粉飛散時期はいつかについて調べてみました。

スポンサーリンク

花粉飛散量が増える原因は?

e4947e551c2e93b2c267eaae4de4a263_s

花粉の飛散量が増える原因は、前年の夏の天候が大きく影響するそうです。

雨が少くて日照時間が多く、気温が高いといった気象条件が揃うと、花芽が多く形成されるため、翌年の花粉の飛散量が多くなると言われています

2016年春の花粉飛散量は?

花粉飛散量が増える原因が前年の夏の天候に影響されるという事なので、2015年はどうでしたでしょうか?

2015年の夏の天候は、北・東日本と西日本で分かれたそうです。

気温
東北地方 平年より高い
関東甲信地方
北陸地方 平年並み
東海地方
西日本 昨年と同じで冷夏
日照時間
北海道 ほぼ平年並み
関東甲信地方
北陸地方
東海地方 少ない
西日本
西日本太平洋側は特に少ない
降水量
北海道 平年並みか少ない
東北地方
北陸地方
関東甲信地方 平年並みか多い
西日本
西日本太平洋側はかなり多い
スポンサーリンク

前シーズンを比べると2016年は?

九州・四国・東海地方は
より多いかやや多く、非常に多く飛散するところもあるそうです。

中国・関東甲信地方では
前シーズン並みです。

近畿・北陸・東北地方と北海道は
やや少ないです。

⇒ 前シーズン比

例年を比べると2016年は?

例年と比べると、東北地方はやや多いそうですが、そのほかの地域は例年よりも少なく特に九州と四国は半分以下となる見込みです。

⇒ 例年と比

2016年の花粉飛散時期は?

スギ花粉は、気温が高いと飛散開始は早まる傾向にあるそうです。

2016年の1月と2月は、西日本と東日本は冬型の気圧配置が長続きしないため気温は、西日本と東日本は平年並みか平年より高いでしょう。
一方、北日本は寒気の影響を受けるため北日本では例年並みの見込みです。

そのため2016年春のスギ花粉の飛散開始は、西日本と東日本では例年より早いところが多く九州・中国・四国・関東は2月上旬からで、北日本では2月下旬~3月上旬の見込みだそうです。

⇒ 2016年スギ花粉前線

関連記事

花粉症でヨーグルトの効果は?おすすめヨーグルトや食べ方は?

花粉症で喉が痛い原因は?痛みやかゆみの対策とは?

花粉症の頭痛の治し方とは?頭が痛い原因と対策とは?

花粉症で眠気やだるさの原因とは?眠気対策は?

花粉症でコンタクトによる目の痛みの原因とは?予防と対策は?

花粉症が発熱や寒気の原因なの?風邪との違いは?微熱対策は?

花粉症をアロマで治す効果は?アロマオイル(精油)の使い方!

まとめ

例年と比べると、東北地方以外は少ない傾向ですが、前シーズンだと逆の結果になっている地方があります。
前シーズンの印象でいると症状がひどくなるかもしれません。

しかも西日本は、飛散開始が早まる傾向にあるようなので早めにマスクなどの花粉予防・対策グッズを用意しておく必要があると思います。

スポンサーリンク