去年の灯油は使えるか?処分の仕方で大丈夫な方法は?

毎年、寒くなってくると必要になってくる暖房といえば石油ファンヒーターですよね。

石油ファンヒーターは、灯油を使用しますので、灯油を用意しますが、

当然、去年の灯油が残っている場合もあります。

しかし、そのまま去年の灯油を使っても大丈夫なのでしょうか?

心配なので、去年の灯油は使えますか?

使えない場合の処分方法について調べてみました。

スポンサーリンク

去年の灯油は使えるか?

去年の冬場に調達して、使い切れずに残った灯油。

これって、使用しても大丈夫なのだろうか不安になりますよね?

自分もとっても心配になって、給油な際に馴染みの給油所で尋ねてみました。

すると、「保管状態がきちんとされて、変質してなかったら大丈夫」とのことでした。

じゃ、変質した灯油って、どういう物でしょうか?

保管状態がひどく、高温多湿や直射日光といったお蔭で、劣化してしまった灯油のことを指します。

灯油は、保管状態によって、直射日光空気に触れる事で酸化しますし、

雨水が混入したり、温度差が元で結露して分離を引き起こします。

灯油は一般的に、透明無色なんですが、質が変化すると黄色っぽく変わったり、

変質が進行すると茶色っぽくなるのです。

匂いも酸っぱい匂いが生じると思われます。

灯油は変容すると、タールと称される燃え難い成分が生じます。

こういったタールが、ファンヒーターの燃焼部分やストーブの芯にこびりつき、燃焼不良を招くんです。

火がつかなかったり、それとも異常燃焼を引き起こしてしまったり、

緊急消火がし難い等の場合もあると、国民生活センターの警告も見られます。

水が混入した灯油を使用した時、ファンヒーター又はストーブの内部が錆びることだってあるそうです。

さらに、(すす)とかが発生したり、刺激臭がするとか、一酸化炭素が生じたりと身体にとっても有害です。

マニュアルにも、変質した灯油の使用は、禁止と大方提示されているのです。

このことが発端で故障が生じた時、保証期間だったとしても有償修理を伴うとのことです。

故障や事故を招く原因にもなってしまうため、変質した灯油は使用しないようにすべきです。

新品の灯油に少しずつ混合させて用いれば大丈夫といった話も聞きますが、

このような場合も避けておいた方が確実です。

これまで、自宅でも保存環境が悪く、明らかに変質した灯油を、

知らず知らず惜しくて利用してしまったケースがあったんです。

ファンヒーターに使用していたのだけれど、点火時点でボボボボッといった音がしたり、

白い煙が発生したりしておりました。

当分の間、しかたなく使用していたんだけど、最終的に黒い煤が生ずることになり、

ある時、温風のふきだし口からいきなり火をふきだしたのですよ^^;

ファンヒーターは当然故障してしまい、残されていた灯油以上に高額になってしまったのです。

振り返ると、火事に見舞われたり、体調異常があったりしないですんで、良かったのではないでしょうか^^;

それ以降、変質した灯油は使用しないことにしています。

しかし、何も異常なく利用できるよ…といった意見も聞きますが、何はともあれ常用しない方が無難です。

去年の灯油を使おうかどうするか迷ったら、一番に保存状況を思い返して、

匂いを確認することをおすすめします。

スポンサーリンク

去年の灯油の処分の仕方は?

去年の灯油をしっかりチェックしてみた結果、やはり無理だった時、処分することになります。

処分はどのようにすれば良いかというと、

わずかな量だったら新聞紙や不要な布に染みわたらせ、それを濡らした新聞紙で更に包みます。

その後、ビニール袋に密閉して、燃えるゴミの日に出します。

大量の際は、給油所に持って行きます。

ほとんどの場合は費用も掛からず引き取っていただけます。

新たに灯油を入手する時の道すがらだったら、持ち込み易いのではないでしょうか。

そもそも引き取りをやっていなかったり、料金が必要な給油所もありますので、前もって調べてみてください。

くれぐれも、側溝に捨てたり、放棄したりしないで下さいね^^;

灯油の保管期間はどれくらい?

去年の灯油は、質が変化していなければ大丈夫ということになりますが、

もとより、灯油はどれだけの期間、保管が可能なのでしょうか?

望みは、ワンシーズンで使い尽くすことだけど、ついうっかり残ってしまうこともあるでしょう。

灯油は保管状態に基づいて、保管が見込める日にちが全然変わります。

前もって、入れ物!金属製のオイルタンクだったらかなり長持ちすると思いますが、

灯油用のポリタンクの場合では、日光に影響されてしまうので、いまひとつ長持ちしないのです。

灯油は日差しが当たると質が変わるんです。

そのため、日の当たらない所で収納することが求められます。

更に、高温多湿も良くありません。温度の移り変わりの激しい所だと、

タンク内が結露して、灯油に水分が入り混じることがあるのです。

断然、梅雨や夏の間はお気をつけください。

そうして、何となくポンプを挿しっぱなし、蓋を開けたままにする傾向にありますが、

ちゃんと閉めることに注意しましょう。

そういった環境下で、およそ1年間は大丈夫だとのことです。

ですが、やはり暑い時期は劣化し易くなってしまうので、使い始めには色あいなど確かめてから使いましょう。

それと、次回の寒い季節にまでには使いきることを意識しましょう。

まとめ

古い灯油がいっぱい残ったままだともったいないので、できたら使用したいと思いますが、

故障の要因にもなりますし、何よりも危ないです。

前もって、質が変化しているのかチェックしてから使い、

良い環境下で保管するように気を付けてくださいね。

スポンサーリンク