口腔ガンの初期症状とは?口の中の痛みや白い部分ができる?

は、我々日本国民において身近で恐ろしい病です。

今や2人に1人が患うと言われている病気なのですが、

そのなかでも臓器系のがんと違い、

直接見ることができる部分だったとしても早期発見がし難いガンが存在します。

それこそが、口腔ガンとされる癌なのです。

今回は、その口腔ガンの初期症状は、痛み白い部分ができるのか調べてみました。

スポンサーリンク

口腔ガンとは?

そもそも口腔ガンと言っていますが、口の中は結構複雑です。

がんの発生部位によって、舌ガン歯肉ガン口底ガンといったものなどがあります。

ただ、それらをトータルして「口腔ガン」と考えて扱っています。

口腔ガンの危険性

口の中の粘膜に発症するガンの種類では、一般的に多いのが口腔ガンです。

日本においては毎年約7千人が口腔ガンになっており、その内約3千人が亡くなられています。

更に、この数字は増加し続けていると言います。

この数字だけチェックすると約半数ほどの人が亡くなっていて、

非常に致死率の高い危険なガンだと感じます。

口腔ガンは早期発見が重要

口腔ガンは、非常に危険な癌ですが、

早期発見で治療ができるのなら後遺症もあまり残りません。

「5年生存率」とされるのは、ガンの治療経過をみる目安となるのですが、

早期発見だと約90%が直るといいいます。

お医者さんからしても結構治療し易いガンであるということが言えます。

ただ、重要なポイントは、できるだけ早期に発見することです。

スポンサーリンク

口腔ガンの初期症状とは?

口腔ガンは口の中にできます。

口の中は直に見れますので普通であれば早期発見し易いはずです。

しかし、口腔ガンには自覚症状が見られません。

初期の時点では口内炎のようにしか見えないので、見逃し易いという欠点が伴います。

お医者さんでもない一般の人が、初期段階で口腔ガンを察知するのはとっても困難だと言えますが、

そんななかでも以下のような症状があるようです。

外見からは変化が無くても、

  • 食べ物が食べにくい
  • 頬や舌を動かし辛い
  • しゃべり難い
  • 口の中に痛い所がある
  • 口内にしびれ麻痺がある
  • 首のリンパ節が腫れる

などの症状が発症する場合があるようです。

口腔ガンの初期症状は白い部分ができる?

口の中の粘膜に白くなってしまっている部分が見られる時、

白くなってきている左上の歯ぐきは注意が必要です。

粘膜が白くなる病変において「白板症」というのが存在し、癌に進行する事もあります。

口腔ガンは初期症状は痛みがある?

口腔がんの症状で一番多いと言えるのは痛みで、

その他に

  • しこり・腫れ
  • ただれ・出血
  • 歯の動揺
  • 口臭

などが見られます。

ただし、きわめて早期の段階では痛みの少ない傾向が高く、

口内炎のような症状とそっくりであることから、治療が遅れ気味になるのです。

スポンサーリンク

まとめ

口腔がんは、早期に発見できれば完治しやすい病気がわかりました。

ですから日頃から自分でチェックする習慣を付けておきましょう。

チェック内容は以下の通りです。

  • 口内炎やかんだ傷などが2週間以上治らない
  • 歯がぐらつく浮く感じがする
  • 痛み腫れただれしこり出血が続く

更に、明るい場所でを使い、の表や裏、横、歯茎の内と外、口蓋(上あごの内側)をチェックしましょう。

コメント