金木犀香水の作り方!手作り香水で香りを長く楽しもう!


金木犀が放つ香りは、ただ秋になったな~…と思うだけでなく、人を癒やすリラックス効果もあります。

しかし、金木犀の花が咲く期間は短いので、楽しめる時期は あっという間に終わってしまいます。

そこで今回は、その金木犀の花を使って簡単香水手作りし、長く香りを楽しむ方法を紹介します。

スポンサーリンク

金木犀の香水の作り方!

金木犀の香水を作る前に、まず花が咲く時期期間を知っておきましょう。

金木犀の開花時期はこちら

□ 必要なもの

  • 金木犀の花
  • ガラス瓶(密閉できるもの)
  • 無水エタノール
  • ゴム手袋(無くても可)
  • アルミホイル(ガラス瓶が透明の場合に使用)

※ ガラス瓶は、可能なら褐色のものにしてください。

無水エタノールは薬局でも購入できますが、ウォッカでも代用できます。

□ 花の摘み取り方

金木犀の花は、軸のところから指で摘むとポロポロと取れます。

香りは5~8分咲きが強く、満開になると香りが弱くなります。

□ 作り方

  1. まず、ガラス瓶の中を洗って良く乾かしておく
    (特にジャムの瓶などを再利用する場合)
  2. 金木犀の花を摘んだあと、花以外の余分な茎や葉などを取り除いておきます
  3. ガラス瓶に、金木犀の花をいっぱいに入れます
  4. 無水エタノールを瓶いっぱいまで注ぎます
    (手を汚したくない方はゴム手袋を使用してください)
    無水エタノール(500ML)の最安値をチェック!!【楽天】
  5. 蓋をして、冷暗所で2ヶ月位熟成させて できあがりです
    (ガラス瓶が透明な場合は、アルミホイルで覆って光を遮断しておく)

手作りした金木犀の原液は、市販のスプレー容器などに入れ、ルームフレグランスなどにして使いましょう。

金木犀のルームフレグランスの作り方!


手作りした金木犀の原液をルームフレグランスとして使うには、精製水で薄める必要があります。

□ 必要なもの

  • 手作りした金木犀の香水の原液
  • アトマイザー(香水噴霧器)
  • 精製水
  • スポイド

□ 作り方

  1. アトマイザーに、金木犀の原液と精製水をスポイドを使って入れます
    (通常は金木犀の原液:精製水の割合です)
  2. アトマイザーの蓋を閉め、振って混ぜて できあがり

原液に対する精製水の割合は好みに調整してみてください

防腐剤が入ってませんので、2~3週間で使い切るようにしましょう。

関連記事

金木犀の開花時期はいつ?花言葉やイラストの無料素材も紹介します!

最後に一言!

いかがでしたでしょうか?
手作りの香水の良いところは、自分に合った香りの強さに調整できるところですよね^^

金木犀の開花期間は、4~6日と短いのが残念です。

もっと長く金木犀の香りを楽しみたい方は、一度 香水を自作してみてはどうでしょうか?
意外と簡単にできるのでおすすめです。

スポンサーリンク