銀行の口座引き落としの時間は?再引き落としする銀行はこちら!

皆さんは、銀行口座引き落とし時間を知っていますでしょうか?

日常のくらしにおいて、自動口座引き落としにしている事がほとんどだと思います。

引き落としの前日の夜までに入金しないと…と考えながら、ついうっかり忘れてしまい、当日になってやっと気がつく…なんていったこともありますよね^^;

さて、そんな場合に気になるのが口座引き落としされる時間ですよね^^;

引き落としされる時間が分かれば、当日でも間に合う可能性もありますからね!

ここでは私の経験も思い出しながら、銀行の口座引き落としの時間や当日再引き落とししてくれる銀行ついて調べてみました。

スポンサーリンク

口座引き落としの時間は?

口座引き落としの当日、一体何時頃に引き落としされているのでしょうか?

これについては、銀行や支払う企業によって違ってきますので、はっきり何時にというのは断言できません^^;

であってもこんなんでは解答になっていませんから、私の経験を踏まえていいますと、

私の場合、多く利用している地方銀行とインターネットバンクで、公共料金やクレジットカード、税金を引き落とししています。

ネットバンクの方は、取引についての詳しい要項がチェックできます。

そこで、某月の引き落とし時間を確認してみると、引き落とし当日の午前1~2時頃に引かれていました。

これは、クレジットカード会社の使用料金です。

別の月の時間を比較してみても、やっぱり同様の時間帯ながら、数分前後の違いがありました。

調べてみると、銀行口座の引き落としの時間は各金融機関に応じて異なり、ズレがあるためはっきり断定できませんが、

大体は当日の午前0~3時頃ではないかとのことです。

そういった事情から多分、私のネットバンクの場合だと、自動的に口座引き落としの司令を前日までに設定し、

当日になると同時に予約された引き落とし処理設定が作動するのではないでしょうか?

多少引き落としの時間に差があるのは、ユーザー数や処理の順番によって生じるものと考えます。

それじゃあ絶対、前日までに入金してないと間に合わないのでしょうか?

スポンサーリンク

朝一で入金しても遅いの?

朝一とはつまり大半の銀行が開く、午前9時から自動引き落としがスタートするのかということですが、

どうやらこのことも銀行によって違い、そしてその銀行のシステムによるというものらしいです。

最近は、本当のところ、地域おける店舗式の銀行も、上記で述べたネット銀行と一緒で、当日になってから順番に…という流れがほとんどです。

すなわち、銀行がオープンして朝一に入金しようが、間にあって無いってことなのです。

しかし、間に合わないからって諦めるのはまだ早いのです。

それは、当日に再度引き落としをしてくれる金融機関もあるからです。

ただ、その手段や回数、時間帯は金融機関によって差があります。

スポンサーリンク

再引き落としする銀行はこちら!

再引き落としできる銀行には以下のような所があります。

  • 楽天銀行 … 1日に複数回引き落とし
  • 三菱東京UFJ銀行 … 当日入金されしだい引き落とし
  • 三井住友銀行 … 日付が変わる前にもう一度引き落とし

但し、銀行によって規定が変化する事もありますので、引き落とし前日までにはなるべく入金しておきましょうね。

その他の銀行については、取引先の銀行に聞くのが確実です。

スポンサーリンク

引き落としに間に合わない場合は?

引き落としに間に合わなかったらどうしたらいいのでしょうか?

銀行口座の残高不足によりクレジットカード等の支払いが出来ないと、返済の遅れもしくは延滞常習者となって個人信用情報機関(ブラックリスト)に登録されてしまうかもしれません。

個人信用情報機関のデータは5年以上記録が残されてしまうので、後々のカード審査などに悪影響を及ぼすかも知れません。

こんな事態が生じないように、前日までの入金が何よりも大切なことなんです。

もしも返済に間に合わなかった時は、ご利用のカード会社に電話して、引き落としに間に合わなかったこと、当日中に支払いをしたいことを伝えましょう。

すると、担当者から振込先の口座を教えてくれるので、提示された料金を指定の口座に振り込み、再度カード会社に電話をかけて振込を完了した事を言いましょう。

引き落としの当日中に、必要な料金を支払うことでに延滞の記録は残りません。

しかし、注意しないといけないのは、それぞれ金融機関には平日の15時までを当日分として取り扱い、それ以降は明日として取り扱われてしまうことが多いです。

そのせいで、当日に振込をしても15時を越えてしまうと、延滞として記録されますので、とにかく当日の15時までに振込を済ませることが大事です。

スポンサーリンク

最後に

銀行口座の引き落としの時間に関しご紹介してきたわけですが、少しでも参考になったでしょうか?

引き落とし時間に基準が無いことや、再引き落としにおいてもハッキリしていないですよね^^;

利用料金の遅延トラブルを起こさないように、前日までに不足している金額を入金することにしましょう。

また、遅れしてしまった場合には適切な大人の対応を意識し、信用を失わないようにしてくださいね^^;

コメント