シェアする

L8020乳酸菌入り製品の食べ方は?キシリトールとの違いは?


最近テレビで話題のL8020乳酸菌ですが、ヨーグルトについてはネット販売で売り切れになる程人気のようで、これから生産も増えて来る事でしょう。

しかし、購入したL8020菌を含んだ商品はどういった食べ方が一番良いのでしょうか?

また、同じ虫歯予防で有名なキシリトールとはどう違うのでしょうか?

今回は、L8020乳酸菌入り製品の食べ方やキシリトールとの違いついて調べてみました。

スポンサーリンク

虫歯の原因とは?

そもそも虫歯の原因、虫歯菌はママから赤ちゃんに移る事が多いそうです^^;

生まれたばかりの赤ちゃんには、最初から虫歯菌はありません。

虫歯は細菌によって起きる一種の感染症で、親の虫歯菌が子どもに感染する事が原因と言われています。

L8020乳酸菌の安全性は?

今は、L8020菌の含んだ市販品が、ヨーグルトタブレットマウスウォッシュにありますが、誰が使用しても安全なのでしょうか?

L8020乳酸菌は、殺菌剤と違い元々人が持っている乳酸菌を使用しています。

なので、善玉菌はそのままで、悪玉菌だけに効きますので安心です。

それと、刺激も少ないので、妊婦さんやお年寄り、子どもにも安心安全で使用できます。

スポンサーリンク

L8020乳酸菌とキシリトールの違いは?

L8020乳酸菌 キシリトール
分類 乳酸菌 炭水化物の一種
目的 抗菌作用 甘味料
由来 人由来 植物由来

キシリトールは、砂糖と違い虫歯の栄養とならない甘味料です。

しかし、元々持っている虫歯菌が増える事はないかもしれませんが、減る事はありません。

それに対して、L8020乳酸菌は虫歯の原因菌、虫歯菌を減らす事ができますし、歯周病菌カンジタ菌も抑制する事ができますので、歯周病の予防にも効果的です。

歯周病は、成人病の原因の一つと考えられています。

L8020菌入り製品の食べ方は?

◆ 歯磨きをした後に、摂取する事で効果が違ってきます。

最初に、歯にこびり着いた虫歯菌などを取っておくことで、より効果が見込めます。

◆ 継続して取り続ける事で効果を持続させます。

一定の期間取ればいいのではなく、毎日継続して取り続けることが大事なようです。

例として
  • 朝は歯磨き後にヨーグルトを食べたり飲んだりします。
  • 昼や外出時は、食後にタブレットを舐める。
  • 夜は歯磨き後にマウスウォッシュを使用する。

自分は朝と夜、歯を磨いた後に8020ヨーグルトを食べるのは面倒くさいので、L8020菌入りマウスウォッシュでさっと済ましています。

↓関連記事↓

8020ヨーグルトの効果と楽天とらくれんの通販サイトを紹介!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • L8020乳酸菌は、健康な人の口から採取した乳酸菌を使用していますので、安心安全です。
  • L8020乳酸菌入り製品の食べ方は、歯磨後に摂取し、毎日継続して取りましょう。
  • L8020乳酸菌は、キシリトールと違い虫歯の原因菌を減らす効果があります。

あと、口臭予防にもなりますので、口臭が気になる方にもおすすめです。

スポンサーリンク