シェアする

花粉症の頭痛の治し方とは?頭が痛い原因と対策とは?

091270通常、花粉症の症状は、鼻水や鼻詰まり、目の痒みなどが一般的ですが、頭痛を引き起こす事もあるそうです。

なので、花粉症が原因と知らず頭痛薬を服用される方も多いと思います。
薬で一時的に治っても花粉症の時期が終わるまで、また頭が痛くなるかもしれません。

と言う事で今回は、花粉症でなぜ頭が痛くなるのか
頭痛を治す方法とは

その原因と対策を調べてみました。

スポンサーリンク

花粉症の頭痛の原因とは?

花粉症による頭痛の主な原因は、にあります。

脳の酸素不足

花粉症による鼻詰りは、花粉が鼻の粘膜に付着し、アレルギー反応により鼻の中が炎症して腫れ、空気の吸い込みが充分とれません。

それにより酸素不足となり、頭が痛くなると言うことです。

花粉症による頭痛の原因は、この要因が一番多いと思われます。

この症状に伴う鼻水は、透明でサラッとしているのが特徴です。

副鼻腔内の炎症

同じ炎症でも先程とは別の場所での炎症を引き起こし、頭痛を伴うものがあります。

それは副鼻腔と呼ばれていて、鼻の横や上の顔面の内側に存在する骨の空洞のことです。

この副鼻腔が炎症して「副鼻腔炎」になると、鼻やその周辺が痛みを伴い、頭痛につながることが考えられます。

蓄膿症(慢性副鼻腔炎)

この副鼻腔の炎症が、長引くことでその場所にが生じ、最後には蓄膿症(慢性副鼻腔炎)になります。

こうなると頭痛はともかく、鼻水も黄緑色でドロッとしたものがでるようになります。

こうなる前に、できるだけ早く耳鼻科、耳鼻咽喉科に行って診てもらいましょう。

睡眠不足

花粉症の症状である鼻詰りは、呼吸がしずらく快適な睡眠がとれません。

そのため睡眠時間が不足してしまい、結果、頭痛になる事があります。

首や肩のこり

花粉症の様々な症状は、花粉のシーズン中続くので、それにより筋肉の緊張が首や肩などに、こりとして出てきます。

その影響で、頭痛につながる事もあるようです。

花粉症の頭痛の対策とは?

根本の鼻詰りを治すことが、頭痛になりにくくする事につながります。
なので、鼻詰りの原因である鼻の炎症をしずめる必要があります。

それには次の方法があります。

耳鼻科、耳鼻咽喉科で処方してもらう。

やはり一般的には、薬の服用して鼻の炎症を抑える必要があります。

しかし薬は人によって、副作用を伴うものもありますから一度、耳鼻科耳鼻咽喉科に行って診てもらう事をおすすめします。

しかも病院で処方してもらったほうが、安く済むことがありますから経済的です。

アレルギー専用鼻炎薬

市販の「アレグラFX」のようなアレルギー専用鼻炎薬を服用することで、鼻詰りを抑えることができます。


※ 眠くなりにくく、1日2回の服用で24時間効きます。

ステロイド点鼻薬

5a6f440838f2bcfa702b0824c053ff91_s

鼻詰りした患部に直接噴霧し、鼻詰りの原因である腫れを抑えることで、鼻通りを良くします。

市販のステロイド点鼻薬も色々なものがありますが、なるべく病院で処方してもらう方がいいでしょう

アロマで治す

花粉症に効果があるアロマオイル(精油)で、自然に治療する方法です。

殺菌作用抗アレルギー作用のあるアロマオイルを鼻から吸入することで、鼻詰りなどの症状をよくします。

そのことは、以下のサイトで詳しく記述しています↓

花粉症をアロマで治す効果は?アロマオイル(精油)の使い方!

十分な睡眠をとる

先ほど記述しましたが、頭痛の原因の一つに睡眠不足があります。

なので睡眠が十分とれていない人は、最低でも一日6時間は睡眠時間をとるようにしましょう。

↓関連記事↓

花粉症でヨーグルトの効果は?おすすめヨーグルトや食べ方は?

花粉症で喉が痛い原因は?痛みやかゆみの対策とは?

花粉症で眠気やだるさの原因とは?眠気対策は?

花粉症が発熱や寒気の原因なの?風邪との違いは?微熱対策は?

花粉症でコンタクトによる目の痛みの原因とは?予防と対策は?

まとめ

いかがでしたでしょうか?
総括しますと、

  • 花粉症の頭痛は酸素不足によるもの
  • 副鼻腔内の炎症によるものなどでした。
  • 睡眠不足
  • 首や肩のこり

花粉症の頭痛の対策は、

  • 耳鼻科、耳鼻咽喉科で処方してもらう。
  • アレルギー専用鼻炎薬を服用する。
  • ステロイド点鼻薬を使う
  • アロマで治すでした。

花粉症の時期に頭痛の症状が多発する方は、花粉症が原因になっている場合ありますので、一度病院で診てもらう事をおすすめします。

スポンサーリンク