シェアする

七段飾りの雛人形の飾り方(組み立て方)は?飾るときの注意点!

雛人形は3月3日のひな祭り(桃の節句)の日の前に飾りますが、いつから飾って良いかというと、節分の次の日(立春)からだそうです。

でも、いざ飾るとなると、七段飾りの雛人形の飾る位置が分からなくなるときがありますよね。

そこで今回は、七段飾りの雛人形の飾り方と、その注意点を調べてみました。

スポンサーリンク

七段飾りを飾るときの注意点!

まず雛人形は、飾るのにきまった方角はありません

ですが飾る場所によって、はやく痛んでしまいます。

なので以下の事に気をつけましょう。

  • 直射日光が当たる場所は避けましょう
    日焼けして色あせの原因になります
  • 暖房機器エアコンなどの風が直接当たらない位置に飾りましょう
    急な温度や湿度変化はなるべく避けましょう
  • ペットを飼っている人は、いたずらされないような対策や置き場所に気をつけましょう

七段飾りの雛人形の飾り方(組み立て方)!

338

雛人形の飾る位置は、関東関西で違いがあるので注意してくださいね^^;

最上段

最上段3

最上段には、親王/お内裏様男雛女雛)を飾ります。

  • 関東では、男雛は向かってに、 女雛に飾ります
  • 関西地方(京都)は逆になります

二段目

二段目1

二段目は、三人官女(さんにんかんじょ)を飾ります。

三人官女は製品によって2通りあります。

1つだけ立っている官女のものと、座っている官女のものがあり、

1つしかない官女をまん中に置きます。

手にもたせる道具は?

  • まん中の官女が、
    三方(さんぽう)/島台(しまだい)」
  • 向かって左の官女が、
    加銚子(ながえのちょうし)/提子(ひさげ)」
  • 向かって右の官女が、
    長柄銚子(くわえのちょうし)」

※ 両側の官女は、足が出ている方を外側にします

三段目

三段目1

三段目は、五人囃子(ごにんばやし)を飾ります。

もっている楽器順に、向かって左から

  • 太鼓
  • 大皮鼓(おおかわつづみ)
  • 子鼓
  • /能管
  • /

は楽器をもっていませんが役割は謡い手なので声が楽器という事です。

スポンサーリンク

四段目

四段目1

四段目は、随身(ずいじん)(右大臣左大臣)を飾ります。

向かって左が通称右大臣(うだいじん)で若者、右が左大臣(さだいじん)でおじいさんです。

左大臣には白いひげがありますよね♪

五段目

五段目5

五段目は、仕丁(しちょう)/衛士(えいし、えじ とも)「台笠/熊手・沓台/ちり取り・立傘/箒」飾ります。

注:この絵の仕丁は京式です
それ以外は下の絵を参考にしてください。

◇ 京式では?

  • まん中ちり取り
  • 向かって熊手
  • 向かって

◇ 関東では?

gyhh

2294k7

229k

関東では沓台(くつだい)「泣き上戸」をもっている仕丁がまん中で、向かって台笠(だいがさ)「怒り上戸」、立傘(たてがさ)「笑い上戸」を持たせます。

六段目・七段目

六段目七段目

六段目と七段目には、道具を飾ります。

七段飾りの場合は、六段目と七段目には飾るべき特別な決まりがないようです。

ですが、通常は六段目に茶道具箪笥(たんす)、お化粧道具などを飾り、七段目に御駕籠(おかご)や御所車(ごしょぐるま)/牛車を飾ると調和がとれます。

↓関連サイト↓

雛人形(お雛様)の親王飾りと三段飾り、五段飾りの飾り方(並べ方)!

まとめ

どうでしたでしょうか?ちゃんと飾ることができたでしょうか?
七段飾りの雛人形の飾り方や雛人形を飾るときの注意点についてでした。

関東と関西では雛人形の飾る位置が微妙に違いますので注意して飾りましょう。

スポンサーリンク