シェアする

バーベキュー炭の量や種類とは?おすすめの炭はこれだ!

バーベキュー時に必要なですが、炭にも様々な種類あります。

それぞれ炭の特徴を知り、目的に合った物や量を使うようにしましょう♪

そこで今回は、バーベキュー炭の量種類おすすめの炭を紹介します。

スポンサーリンク

バーベキュー炭の種類とは?

黒 炭

□ マングローブ炭

一般的にホームセンターなどで売られているマングローブが原料の炭です。

【特 徴】
安価で入手しやすいく、火付きがよいので初心者に向いていますが、灰や煙が多く 火持ちはあまり良くありません。

□ 切炭・菊炭

原料はナラやクヌギなどで作られています。

【特 徴】
マングローブ炭に比べると、少し高価ですが、灰や煙が少なく 火持ちよいのが特徴です。

白 炭(備長炭)

原料はウバメガシやアラカシなどで作られていて、炭の表面が白い良質の木炭です。

【特 徴】
炭の中で一番火持ちはが良く 灰や煙が少ないのですが、火付きが悪く高価なのが欠点です。

オガ炭

おが屑を再利用してできた炭で、四角や六角で中心に穴が開いています。

【特 徴】
特徴は、白炭に似ているため「オガ備長炭」とも言われています。

ただ、値段は白炭より安く買えるようです。

炭の比較表

炭の特徴を比較表にしてみました。
(あくまで参考程度に…^^;)

炭の種類 火付きのしやすさ 火持ちの良さ 灰や煙の少なさ
マングローブ炭 × ×
切炭・菊炭
白 炭(備長炭) ×
オガ炭

バーベキュー炭の量とは?

一般的にバーベキューに必要な炭の量は、
大人1人(1時間)1kgが目安です

【例】

  • 4人家族(3時間)の場合は、
    3~4kg
  • 10人(5時間)でコンロ2台使った場合は、
    10kg

※ 必要な炭の量は、コンロの大きさや炭の質によって異なります。

なので、足りなくなって、すぐ買いに行けない場所でのバーベキューは、少し多めに持って行きましょう。

炭の種類別燃焼時間(1kg)

黒炭……1~2時間

白炭……2~3時間

オガ炭……2~3時間

バーベキュー炭のおすすめは?

特徴だけで言えば「白炭」がベストですが、以下の理由で初心者には向いていません。

  • 高 価
  • 火おこし難い
  • 入手し難い

しかし、比較的に安く扱いやすいBBQ用の「マングローブ炭」は、煙が多く燃焼時間も短いのでおすすめできません。

初心者におすすめは、着火しやすく煙が少ない、切炭菊炭がおすすめです。

火おこしに少し経験がある人は、白炭の良い性質があり白炭より安価な、オガ炭がおすすめです。

関連記事

バーベキュー炭のおこしかた!得する7つの火起こしのコツ!!

バーベキュー炭の処理!消し方や捨て方の方法とは?

バーベキューの持ち物!食材や道具で必要なものとは?女子の必需品も紹介!

バーベキュー肉の量の目安や肉の種類とは?一人当たりの量はどれくらい?

バーベキュー野菜の切り方!キャベツや玉ねぎの下ごしらえは?

バーベキュー野菜の切り方と下ごしらえ!なすやにんじん かぼちゃ ピーマン!

最後に一言!

いかがでしたでしょうか?
バーベキューで困る事は、炭の量が足りなくなることです^^;

なので、できれば少し余分に持って行きましょう。
炭は腐ることがないので、余っても次のバーベキューに使えますからね^^

スポンサーリンク